FUNCTION  機能の調和

悪い噛み合わせとは以下の様な症状を言います。

  • 上顎前突  いわゆる出っ歯
  • 下顎前突  いわゆる受け口
  • 叢生  いわゆる乱杭歯・八重歯
  • 開咬  口がぽかんとしている・前歯が空いている状態
  • 過蓋咬合  前歯の噛み合わせが深く反対の歯の付け根まで覆いかぶさっている状態

正しい噛み合わせとは、咀嚼に関わる組織の調和が取れた状態です。これによって、はじめて快適で安定した、長期に渡って健康な状態を維持できる咬合、つまりは「顎口腔系システム」が構成されます。噛み合わせが悪くなると、顎関節に大きく影響します。顎関節は、体の軸である背骨につながっていて、全身のバランスを取る際に大切な役割を果たしているほか、首から上の筋肉とも密接に関係しています。そのため、顎関節のバランスが乱れると、全身に悪影響が及び、さまざまな症状を引き起こすのです。頭痛、肩こり、首のこり、腰痛、イライラ、歯周病、顎関節症・・・顎口腔系システムが崩れると、過度の負荷がかかる歯は虫歯や歯周病になりやすくなります。 また、筋肉に不調和が生じていれば、筋肉のコリ・痛みとして症状が出ます。進行して関節の障害に進展した場合は、いわゆる顎関節症状(顎がガクガク音が鳴る、口が開きにくい)が生じてしまいます。噛み合わせは、噛み癖、歯ぎしり、頬杖や歯を失ってそのままにしておくと悪くなります。

●症状は年々悪化する

●歯周病と並んで急速に悪化する

●不正咬合によりブラッシングが不十分になり歯周病の悪化

●成長期は永久歯の生える隙間スペースを使えるので.はじめやすい

噛み合わせ治療は早期治療が大切です。

噛み合わせ治療

噛み合わせの悪さが歯周病、虫歯、顎関節症の原因になります。代表的なものとして咬合性外傷 噛み合わせの悪さによ・・・

マウスピース矯正

マウスピースを使った矯正法です。装置は透明プラスチック製なので目立たず、人目を気にせず矯正が出来ます。

入れ歯(義歯)

保険内治療から審美義歯まで、一人一人に最適な治療プランを立てます。

 



ヒューマンブリッジ

注目される第4の選択肢 

ヒューマンブリッジは隣り合った歯を必要最低限度しか削らず、手術なども必要ないため、入れ歯、ブリッジ、インプラントに次ぐ選択肢として注目されています・・・

小児矯正と筋機能矯正

お子さんの歯並びが少しでも気になったり、学校の検診で指摘された場合はご相談ください。年齢やお口の大きさに合わせたマウスピースを使って・・・


名古屋市東区泉2-23-25 S.Iメディカルビル1F

TEL 052-937-2350

地下鉄桜通り線/高岳駅から徒歩3分

契約駐車場有り

・いずみパーキング(高岳郵便局北側・平面)

・泉パーキング(ビアンカーラ北側・立体)

ご利用の際は駐車券、利用証明書を受付へお渡しください。